引っ越し・便利屋・粗大ごみの基本情報

ヘッドライン

粗大ゴミ

基本情報

粗大ごみとは、高さと幅、そして奥行きのどれか…続きを読む

遺品整理

亡くなった後

住んでいた人が、亡くなられた後に、必ず行わな…続きを読む

掃除代行

掃除を代行

ハウスクリーニングとは、専門の業者が行うクリ…続きを読む

便利屋

種類

便利屋は、日常生活における様々な困り事や、雑…続きを読む

概要

粗大ごみとは、高さと幅、そして奥行きのどれかが、30センチを超えるものが該当します。
該当するものとして、主に電気家電やガス、家具や自転車などが、粗大ごみの種類だと言われています。
ゴミ回収の業者にお願いすることができないものなので、粗大ごみの引取などを行っている業者に、コンタクトを取り、引き取って貰う必要があります。

出し方

処分しようと思ったら、主に2種類の方法があります。
それは、戸別収集と呼ばれる方法と、持ち込みと呼ばれる方法の2種類です。
粗大ごみ受付センターと呼ばれるところに、電話かインターネットで申し込みをして、収集に来てもらいます。
もう一つの方法として、持ち込みと呼ばれる方法があり、戸別収集と同じように、まず粗大ごみ受付センターに連絡をして、お近くの指定された持ち込み場所に持っていきます。
一部の便利屋などでも、こういった処理を行っているところはあり、わざわざ受付センターに連絡しなくてもいいという点で、引っ越しなどのついでに利用する人が多くなっています。

回収不可のもの

収集することができないものも一部あります。
まず、粗大ごみ処理券と呼ばれる処理券が、必ず必要になるのですが、それが貼られていないと処分することができません。
また、市で回収することができない種類として、家電のエアコンや冷蔵庫、テレビ、洗濯機などは受け入れてもらえません。
では、こういった家電製品は、どのように処分するのかというと、一般的に不要品回収業者などにお願いして、回収してもらうことがほとんどなのです。